もののしくみ研究室

身の回りにあるものの仕組みを学びながらロボット制作とプログラミングを学ぶ講座。
楽しみながらトライ&エラーを繰り返して、創造力・論理力・達成感を身に付けます
Learn More

×習い事 ○学習

もののしくみ研究室は「習い事」ではありません。社会に役立つ仕組みを学ぶ「学習」の一環です。
特徴は?

ロボットプログラミングとは?

プログラミングは、この先必要とされるスキルの一つ!詳しくはこちらへ

コースの紹介

もののしくみ研究室のカリキュラムをご紹介

体験のお申込

資料請求や無料体験の希望はこちらから

特徴

ただロボットを組み立てるだけじゃない。もののしくみ研究室の特徴をお伝えします。

エルワイズ思考力検定

パズルや判断推理の問題をじっくり考えて思考力を伸ばすコース

個別指導コース

小学生・中学生・高校生の学習指導は個別指導で行っています。個別指導コースの詳細はこちら

ロボットプログラミングとは?

プログラミングは将来の子どもたちに必要な能力とされています

プログラミング教育=プログラマーを育てる教育ではありません。
スマホやゲーム、冷蔵庫や自動車。私たちの周りにはプログラムで制御されたものであふれています。
プログラミングを学習することは、現代社会を動かしているシステムやビジネスの仕組みを理解することにつながります。IT化された現代で、プログラミング教育は、英語教育と同様に、グローバルな人材になるために必要な能力です。

小学校でプログラミングが必修化

これから必要なスキルを身につけていく一環として、2020年から小学校でプログラミングが必修化します。中学校では翌年から順次開始されていく予定ですが、もうすでにプログラミングの一部を授業に盛り込んでいる学校もあります。
イギリスでは5歳~16歳までプログラミング学習が義務化されており、そのほか、ヨーロッパでは20ヵ国中12ヵ国ですでにプログラミングが教育課程に組み込まれているなど、さまざまな国でプログラミング教育が始まっています。また、お隣の韓国でも小学生から正規教育課程として決定しています。

2020年大学入試が変わります!

大学入試の改革プランには、これまでの「暗記した知識」を問うセンター試験の廃止と2つの「新テスト」が創設などが明記されております。

新テストにおいて現行の教科・科目の枠を超えた思考力・判断力・表現力や小論文・面接・集団討論・プレゼンテーションなどが課されていくことが予想されます。 「自ら課題を発見し、その解決に向けて探求しその成果を表現することができる」ということが、これからの時代を生き抜くための力(=21世紀型スキル)として求められるようになったのです。 この能力を鍛えるための一つの方法として、試行錯誤を繰り返すプログラミングが注目されています。

身近なものの仕組みを考える

どんなことが身につくの?

「21世紀型スキル」という言葉をご存知ですか?
2020年から実施となる学習指導要領の土台となる考え方が「21世紀型スキル」です。
学校教育で身につけさせたい資質・能力として、「基礎力」「思考力」「実践力」を伸ばすことが、今後の教育目標として掲げられています。
この中の「思考力」を身につけるのに効果的だといわれているのがプログラミング教育なのです。

特長

身近なものの仕組みを考える

身近なものを入り口に「使うだけ」から「生み出す」人へ

現代社会には高度な技術があふれています。子どもたちはそれを、生まれたときからある当たり前のものとして使っていますが、「自分で作り出せる」とは感じていません。
本講座では、自動ドア・信号機・踏切など、生活に身近なものをテーマに学習を始めます。実際に社会で役立っている機器のしくみを考え、自作・検証することで、社会と技術の両方を学び、「自分で作り出せる」と実感してほしい、というねらいがあります。毎月新しいテーマを設定して子どもたちの興味関心を引き出し、それを作る過程で創造力を育てていきます。

身近なものの仕組みを考える

キーワードはトライ&エラー

まずは自分で作ってみる。失敗することこそが学びです。仮説を立てて、試してみる、うまくいかなくても解決策を考えてまた試す。これは将来、PDCAの習慣として問題解決力を高めてくれます。そして、完成した時の達成感は、壁にぶち当たったときの底力となるはずです。

身近なものの仕組みを考える

使用するブロックは国内メーカーのアーテックブロック。自由度の高さが魅力!

アーテックブロックは、教材メーカーとして知られるアーテック社の開発した日本のブロックです。
このブロックは、たて、よこ、ななめと自由自在にブロックをつなげていくことができます。従来のブロックに比べ、いろいろな組み合わせできるので、子どもたちの想像力・表現力を伸ばすのに適した教材です。
プログラミング教室といえば、画面上で絵を動かすなどプログラムだけを学ぶスクールが一般的ですが、、ブロックを組み立てることにより、創造性を身につけることから始めます。

(アーテックブロック : http://www.artec-kk.co.jp/blocks/

まるで百科事典のようなテキスト

もののしくみ研究室のテキストは、Gakkenが作成しています。長年日本の教育事業に携わっているGakkenならではのテキストです。
プログラミングの製作手順からはじめるテキストではありません。我々の身近にある「もの」はどうやって動いているのか?ここから始まります。 コース名の通り、まずは「もの」からしくみを「理解する」→「作ってみる」ことで自然と興味が沸き、創造力が身につくテキストです。

コースのご紹介

身近なものの仕組みを考える

毎月変わるテーマで段階を踏みながらステップアップ

もののしくみ研究室のカリキュラムは、3年間全33回です。
例えば、前進するだけの車を、左右に曲がれるようにする。これを加速度センサーでコントロールしてリモコンカーにする。今度はリモコンを外して赤外線フォトリフレクターをつけて壁に当たらないで自律運動できるようにする・・・
このように「もののしくみ研究室」のプログラムは、段階を踏みながら、少しずつ前に進みます。
3年間の異なったテーマは、ほぼすべてが実在する「もの」。プログラミングからメカニズムまでを合わせて学べます。

身近なものの仕組みを考える

PDCAとSTWのダブルループ学習で、考える習慣を身につける!

もののしくみ研究室の授業は学習者中心のアクティブラーニングで進みます。
多くの講座で採用されているPCDA(plan-check-do-act)サイクルからさらに踏み込み、
見て(see)→考えて(think)→類推する(wonder)することで、
今の課題(plan)を再評価しながら進めるダブルループ学習を行います。
社会的なニーズの変化や新しい技術の開発があっても、
現状に凝り固まらずに対応できる柔らかい頭を作ります。

1st Stage Developer(ディベロッパー)

ものを動かすための構造、プログラミングの基本(くり返し・分岐)を学びます。アイディアを活かした製品の開発、製作した道具を使っての競技も行います。

2nd Stage Master(マスター)

多くのセンサーやモーターを制御する複雑なプログラムを作成、分岐命令を使った自立型ロボットに挑戦します。後半には二足歩行ロボットの製作も行います。

3rd Stage Inovator(イノベーター)

変数を利用した高度なプログラミング、工業用アーム、8つのサーボの二足歩行ロボットを製作します。後半はロボットのデザインからプログラミングまでを自分で行い、PDCAサイクルをくり返すことで問題解決・商品開発を行います。

開講時間

A

B

C

D

第1・3木曜日

第2・4木曜日

第1・3土曜日

第2・4土曜日

17:00~18:30

17:00~18:30

10:30~12:00

10:30~12:00

料金表(一般会員)

Developer

ディベロッパー
9000/円(税抜)
  • ・施設利用料
  •  
  • 1,000円/月
  • ・個人用追加キット 
  • 25,000円(初回のみ)

Master

マスター
9000/円(税抜)
  • ・施設利用料
  •  
  • 1,000円/月
  • ・個人用追加キット 
  • 10,000円(初回のみ)

Innovator

イノベーター
9000/円(税抜)
  • ・施設利用料
  •  
  • 1,000円/月
  • ・個人用追加キット 
  • 10,000円(初回のみ)

料金表(横山塾 塾生)

Developer

ディベロッパー
7000/円(税抜)
  • ・施設利用料
  •  
  • 1,000円/月
  • ・個人用追加キット 
  • 25,000円(初回のみ)

Master

マスター
7000/円(税抜)
  • ・施設利用料
  •  
  • 1,000円/月
  • ・個人用追加キット 
  • 10,000円(初回のみ)

Innovator

イノベーター
7000/円(税抜)
  • ・施設利用料
  •  
  • 1,000円/月
  • ・個人用追加キット 
  • 10,000円(初回のみ)

Developer

ディベロッパー
7000/円(税抜)
  • ・施設利用料
  •  
  • 1,000円/月
  • ・個人用追加キット 
  • 25,000円(初回のみ)

Master

マスター
7000/円(税抜)
  • ・施設利用料
  •  
  • 1,000円/月
  • ・個人用追加キット 
  • 10,000円(初回のみ)

Innovator

イノベーター
7000/円(税抜)
  • ・施設利用料
  •  
  • 1,000円/月
  • ・個人用追加キット 
  • 10,000円(初回のみ)

入会金 10,000円 兄弟姉妹・横山塾塾生は免除

問い合わせや体験講座に申し込んでみる

お問い合わせ&体験申込

Lorem Ipsum

Lorem Ipsum

Lorem Ipsum

Lorem Ipsum

Slide Title Here

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. In in risus eget lectus suscipit malesuada. Maecenas ut urna mollis, aliquam eros at, laoreet metus.
Shop Now

Slide Title Here

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. In in risus eget lectus suscipit malesuada. Maecenas ut urna mollis, aliquam er
os at, laoreet metus.

Core Features

Lorem Ipsum Dolor

Donec at euismod nibh, eu bibendum quam. Nullam non gravida purus, nec  eleifend tincidunt nisi. Fusce at purus in massa laoreet

Lorem Ipsum Dolor

Donec at euismod nibh, eu bibendum quam. Nullam non gravida purus, nec  eleifend tincidunt nisi. Fusce at purus in massa laoreet

Lorem Ipsum Dolor

Donec at euismod nibh, eu bibendum quam. Nullam non gravida purus, nec  eleifend tincidunt nisi. Fusce at purus in massa laoreet

Lorem Ipsum Dolor

Donec at euismod nibh, eu bibendum quam. Nullam non gravida purus, nec  eleifend tincidunt nisi. Fusce at purus in massa laoreet

Lorem Ipsum Dolor

Donec at euismod nibh, eu bibendum quam. Nullam non gravida purus, nec  eleifend tincidunt nisi. Fusce at purus in massa laoreet

Lorem Ipsum Dolor

Donec at euismod nibh, eu bibendum quam. Nullam non gravida purus, nec  eleifend tincidunt nisi. Fusce at purus in massa laoreet

Slide Title Here

Vestibulum lobortis. Donec at euismod nibh, eu bibendum quam. Nullam non gravida purus, nec  eleifend tincidunt nisi.Vestibulum lobortis. Donec at euismod nibh, eu bibendum quam. Nullam non gravida purus, nec  eleifend tincidunt nisi.
Our Work

Versatile Layout Options

Vestibulum lobortis. Donec at euismod nibh, eu bibendum quam. Nullam non gravida purus dolor ipsum amet sit.

R

Lorem Ipsum Dolor

Donec at euismod nibh, eu bibendum.

R

Lorem Ipsum Dolor

Donec at euismod nibh, eu bibendum.

R

Lorem Ipsum Dolor

Donec at euismod nibh, eu bibendum.