学びの場「大人ゼミ」

学びたい大人のための勉強会

教育の現場から生まれた社員研修プログラム

詳しくみる

びんまる7月1日号に掲載されました

このたび、びんまるの読者の方にロボットプログラミング教室の体験をしていただきました^^ 小学5年生・1年生・3歳のかわいい姉妹が参加してくれました。 この講座の対象は小3くらいからなのですが、1年生でも組み立てなど少し手伝ってあげるとすぐにコツをつかんで楽しんでくれていました。...

保護者や個人を対象に行う「大人ゼミ」

大人ゼミは、何かを学びたいという気持ちを持った人たちが集まって、それぞれが「先生」として
教えあう勉強会です。

参加者が教える立場に立つことによって
「伝えるコツ」、そして自分の新たな一面を発見してもらう勉強会
教える力 伝える力の講座は「大人ゼミ」の一講座として行っている講座です。

子どもたちが今学んでいることは、大人になり社会にでて、より多くのモノを学ぶために必要な力を身につけるため基礎固めを行っている段階です。
たとえば たくさんの情報を整理してまとめる力。物事を順序立てて考える力などです。
子どものころはこの大切さになかなか気づけませんね。(横山塾では、こういう考え方も指導しています)

大人になってから学ぶことの方がずっと多い。そして大人になってからの勉強は自ら学びたいという気持ちから始まるので人生を豊かにしてくれるものだと思っています。
しかし、個人が学べる場所がまだまだ少ないと思います。
自分を含めて、大人が気軽に学ぶことのできる場所を作りたいと思ったこと
その学びの場として「大人ゼミ」という勉強会を立ち上げました。

「大人ゼミ」はこういうゼミ

何かを学ぶ上で最良の先生は、「それを楽しんでいる人」。
そして、子どもにとっての最良の先生はお父さん・お母さんなのです。(勉強に限らずです)
楽しんでいる人は、その面白さや良さをわかっているので、教わる側にも楽しさが伝わります。

ただ、教えるコツを身につけないと、
「自分だけ盛り上がって終わってしまう」
「思っていたことの半分も伝えられなかった」
ということになってしまいます。
そこで、「どのようにすればわかりやすくなるか」「興味を持ってもらうにはどうしたらよいか」などを学んでみましょう。

☆「教える=伝える力」講座

学びたい気持ちをもった人たちが集まる「大人ゼミ」。

私が行う講座だけではなく、参加者のみなさんが発信するいろいろな講座を行っていきます。

そのベースとなる講座が「教える=伝える力 理解力・表現力UP」で

教える側の考え方や表現の工夫を知ることで見えてくる伝え方のコツ。

自らが教える側にまわった時に見える新たな発見。 いろいろな場面で活用できるものだと思います。

何かを教えることは、何かを伝えることです。

実際に教える立場に立つことなくても、「伝える」場面は多くあります。

友人とのコミュニケーション、仕事のプレゼンテーション、レポートなどにも応用できます。

相手にうまく伝えるための「伝える力」を身につけましょう